人生の教科書を手に旅へ出よう

【世界一周】水の都ベネチア

Pocket

ポルトガルから3時間

今回はイタリア・ベネチアについて紹介します。ベネチアには2泊3日滞在しました。ポルトガルから飛行機に乗り、約3時間で到着します。ベネチアに到着したのが夜11時過ぎと遅い時間だったため1泊目は空港近くのホテルに滞在しました。

次の日の一番早いホテルからの便にてベネチア市街のバスターミナルへ向かいます。バスターミナルに着いたとたんに、まさに水の都が目前に広がっていてとても感動しました。いたるところに水路があり、橋が架けられていて、たくさんの船やゴンドラが行きかっていました。その光景を楽しみながら、まずはホステルへ向かいます。ホステルまでは徒歩20分の予定だったのですが、大きいキャリーバックを引いて、アーチ状の端を渡り、人ごみの中を超えていくのはとても大変だったのを覚えています。また人気の観光地ということもあり、大変多くの人達で賑わっていました。

 ホステル周辺にはカフェやレストランがたくさんあり、街の中心部にも近くとても便利な場所でした。到着して驚いたのは看板犬が出迎えてくれたことです。初老の紳士が経営していて色々おすすめのレストランや見どころを教えて下さいました。

サン・マルコ広場

 荷物をおいて街の散策に向かいます。まずはサン・マルコ広場まで歩いて向かいました。ゆっくり散歩しながら向かったのですが、どこで写真を撮っても絵になるような街並みでした。美しいだけではなく、大道芸や市場等とっても活気があり見ているだけで元気がもらえるような場所だなと感じました。

 サン・マルコ広場には大聖堂や、宮殿、高さ約100Mの鐘楼など様々な建物に囲まれており、歴史を感じさせる広場となっていました。近くには恋人たちに人気のため息橋もあり、ベネチアの美しさをより感じることが出来る場所となっていました。

 また、近くにはお土産屋さんもたくさんありベネチアングラスや、仮面などとても繊細で綺麗なものが多くあり、ショッピングにも大変満足できました。その後またのんびりと市内を散策しホステルの近くでパスタとワインを頂きました。そこの店員さんがとても親切で次々とたくさんの人が話しかけて下さりとても楽しい夕食の時間となりました。

 暗くなってから夜景を見にリアルト橋へと向かいました。そこから見える夜景は観光客に人気ということもあり混雑してしましたが橋の上から見るベネチアの夜景はとってもロマンティックなものでした。ベネチアは夜でもたくさんの人がいるので危険は感じませんが、道が迷路のようになっているので迷子にならないよう注意が必要です、私自身も結構迷い同じところを行ったり来たりしていました。

 早めの時間にホステルに戻りゆっくりと休みました。そして次の日の夕方の便を取っていたため、朝早くからまた街中を散策しました。2日目は水上バスに乗りカナル・グランデを一周しました。水上バスから見るベネチアの街もまた素晴らしかったです。

その後はバルで、生ハムとワインを飲みながらのんびりと過ごしベネチアを後にしました。

本当に美しい街並みが広がるベネチアは美しくロマンティックな場所だったので、一人旅にはもちろん、カップルや新婚旅行にもおススメの場所なので、是非行ってみて下さい。

プロフィール

【 Natsumi 】20代後半のOL。英語が好きだったことから大学卒業後1年間の留学ののち世界一周旅行へ。現在は貿易関係の会社にて就業中。就職後も国内外へ年に1、2度は旅行に行くことを目標としています。