人生の教科書を手に旅へ出よう

【世界一周】歴史を感じるロンドン

Pocket

カンクンからロンドンへ

イギリス・ロンドンについて紹介します。ロンドンへはカンクンから直行便が出ていて、およそ7時間で到着します。空港に到着後、バスにのって中心街へと向かいました。ロンドンは地下鉄やバスなど公共の交通機関が充実しているので下調べをしておけば、簡単に利用することが出来ます。予め空港でオイスターカードと呼ばれる日本のSuicaのようなものを買っておくと便利ですよ。

ロンドンは変圧器が必要

ロンドンの中心街の街並みは本当に美しく観光地ということもあり、多くの人々で賑わっていました。そんなロンドンでしたが、最初に探したのは変圧器です。今までの国ではコンセントは特に問題なく使えていたのですが、ホステルで充電をしようとコンセントをさしたところ軽く爆発してしまいました。大事には至らなかったので良かったのですが、本当にヒヤッとさせられました。コンビニで購入することが出来ましたが、ロンドンに行く際は予め変圧器等を必ず用意して下さい。

その後ホステルにて地図やネットの情報を見ながら一日の計画を立ててから、お昼を食べて観光スポットの散策へ向かいました。1日目はバスや地下鉄を使ってロンドンブリッチや、バッキンガム宮殿、ビックベン等を見に行きました。これらは割と近くにまとまっているので、公共の交通機関があれば一日で回りきることが出来ますよ。

 どの建物も本当に美しく、イギリスの歴史を感じさせてくれました。中でも私の一番のお気に入りの場所はビックベンの目の前にある公園です。緑豊かな公園からビッグベンが綺麗に見えるのでぜひこの公園には立ち寄ってほしいと思います。

 至る所に走っている、二階建てバスやレンガ調の建物など本当にどこから写真を撮っても絵になる美しい街並みでした。また、観光地ということもあり夜になっても人通りが多く賑やかなので、女性の一人旅でも安心して楽しんでいただける場所です。

また、よくロンドンの料理はおいしくないというような噂を耳にしますが、どこのレストランもとてもおいしかったのでご安心ください。

私はパスタや、フィッシュ&チップスを食べました。ただ魚が本当に大きく一人で食べきれない様な量でした。

2日目は、中心地でショッピングを楽しみました。デパートやお土産屋さんがたくさんあり、散歩しながら色々見て回りました。英国王室御用達のものから、スーパで売っているものなどたくさんのお店を見て回りとても充実したお買いもすることが出来ました。

 ロンドンの旅で唯一後悔していることは、有名なアフターヌーンティーがどこも割高なため諦めてしまったことです。代わりに近くのカフェで紅茶を楽しみました。どこのカフェでも紅茶の種類は豊富でロンドンの紅茶文化を感じることが出来ました。

 その日の夕方のフライトに間に合うよう空港まで約35分で到着する特急電車にのり、1泊2日という短い滞在ではありましたがロンドンを満喫して次の国へと向かいました。

プロフィール

【 Natsumi 】20代後半のOL。英語が好きだったことから大学卒業後1年間の留学ののち世界一周旅行へ。現在は貿易関係の会社にて就業中。就職後も国内外へ年に1、2度は旅行に行くことを目標としています。